So-net無料ブログ作成

雨蛙号、キャブレター清掃 [2CV6]

IMG_6807.jpg
今日はやっと重い腰を上げて雨蛙号のキャブレターの清掃、そして脚周りのグリスアップなぞ。

雨蛙号のキャブを外すの初めて。ここのところスロットルが張り付いてクルーズコントロール状態だったのを直したかったのと、装着ジェットの番手を確認したかったのだ。



さて、外しに掛かろう。例によってマニフォールド上の取り付けナット12mmを緩めるのに、スペースをつくるところから始めなくては。エアクリーナーボックスとオイルフィラー、スロットルワイヤー、チョークワイヤー、引きバネを外してから、ようやくアプローチ。4本ともしっかり締まっていて、ここは問題なし。

インマニ上のベークライト板もきれい。ただし、紙ガスケットが傷んでいた。ずいぶんとガソリンを吸い込んでいた様子。時間があまり無いのでキャブ本体はざっと拭くだけ。上下分割部のガスケット交換のため、フロートを外そうとしたが、ピンが上手く抜けずに一苦労。以前にもOHしたらしき形跡があるのだが、フロート支点のピンがやっつけられていた。ピンも抜けてなんとかガスケットも交換出来たから良かった。フロートレベルを見てみたら、あらら22mmほどになっているではないか。ヘインズを取り出して18mmに設定。

で、ジェットの番手。何の因果か、これまで手元に来た2CV6は全部'87モデル。前に乗っていたクルマのジェットと違いがあるのか?結果はプライマリ:102、セカンダリ:90、アイドル:38という前のクルマと同じ番手であった。ジェットは詰まりもなく、きれい。フィルターもきれいだったし、フロートルームにもほとんどゴミは無かった。

最後にプライマリ側バタフライを外して、シャフトを磨く。バタフライプレート(?)も外したついでに磨く。ホントはもっとピカピカにしたかったなぁ。シャフト磨きは次回への宿題となった。

さぁ、後はひたすら組んでいくだけ。スロットルワイヤーが伸びてるなぁ。12mmのナットもしっかり締めて、と。ガスケットキットに入っていたOリング、全く使えなかったのだが、あれはどこに入れるのでしょう?<識者の方、ご教授ください。



組み上がったところで、キャブにふたをして燃料を呼び込んでエンジン始動。アイドルミクスチャーをちょっと調整して、お?アイドリング下げられるぞ。日没までもう少し、グリスアップも済ませてテストラン。クルコン状態は無くなり、非常にスムーズなエンジン回転の上昇・下降が戻って運転しやすくなった。残念なのは、伸びたスロットルワイヤーのせいで、全開にならず最高速が遅いこと。あー、また出費だ(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。